たがしゅうオンラインクリニックのロゴ

はじめに


”オンライン上に

何でも相談できる

かかりつけ医を”


はじめまして。
オンライン診療医の
「たがしゅう」こと
田頭秀悟(たがしら しゅうご)
と申します。
 
医師の仕事は患者を治すことだと
言われています。

しかし世の中には様々な種類の
難病があると言われ、
どんな治療もどんな研究も
そうした難病の患者を
いまだ根治に導けないでいる
というのが
偽らざる現実です。

この話は何も難病に限った
話ではありません。
なぜならば私達にとって身近な
高血圧や糖尿病といった
生活習慣病についてさえ、
実際にはほとんどの患者が
一度病院に行ったら、
そのままずっと通院を続けている
という事実があるからです。

そう考えると私の中に、
"もしかしたら
今の医療のやり方には
見直すべき点があるのではないか"

という想いが少しずつ
芽生え始めました。


ある日、私は「糖質制限」
という食事療法によって、
生活習慣病の治療がうまく行き
病院で薬を処方され続ける生活
から離れる事ができる人達が
いるということを知りました。

また別の日には
心の在り方を変えることで
どの病院でも根治不能と
言われた末期がんを
治すことに成功した
がんサバイバーの人達の
存在も知りました。

彼らに共通していたのは、
心と体の在り方を
自分自身で見直していたこと

でした。

私は驚きました。
自分で行動することには
これほどまでに大きな力が
あるのかと。

そう気付いた瞬間に、
医師の仕事は
「患者を治すこと」ではなく、
患者が治すのを手伝うこと
に力を注ぐべきだ
という考えに行き着きました。

その為には
患者自身が
自分で動かなければならない
という診療環境が必要と感じ、
行き着いた発想が
患者の主体性を
育むためのオンライン診療

でした。


私達の身体に
もともと備わっている
病気を治そうとする力のことを
「自己治癒力」と言いますが、
「自己治癒力」を阻害する
最大の要因は、
自分で治ろうとする
気持ちを失うことです。

つまり
「医師が治療の主導権を持つ」
という病院医療は、
「自分では何も見直そうと
しなくていい環境を
医療者が準備してしまう」
ということへとつながり、
ひいては「自己治癒力」が
適切に働かなくなる環境を
与えてしまうことに
なるわけです。
 

「医者が患者を治す」から

患者が治すのを医師が手伝う」への

パラダイムシフト


そのように
医療の在り方を
抜本的に変えるために、
私は
「たがしゅう
オンラインクリニック」
を開設しました。

「たがしゅう
オンラインクリニック」は、
患者の背景を
十分に共有した上で、
病気を治すために
何をどうすればよいのかについて
ともに考えて、
最終的には治療のための行動を
患者自身に決めてもらえるように
私が全力でサポートする場です。

病に悩む人が一人でも多く
病の苦しみから解放されることを
強く願っています。

病の種類に関わらず、
自分で治ろうとする気持ちを持つ
どなた様の相談も
心よりお待ちしております。


たがしゅう



オンライン診療について詳しくはこちら
担当医師についてはこちら