主体性を育むオンライン診療

建物の屋上に座り、目の前の広がる自然を前に地面の方をじっと見つめる旅人(バックパッカー)の写真

"医療のことは

素人にはわからない"

"だから先生(医師)に

お任せするしかない"


長年の医師という仕事の中で、
患者さんが持つこの価値観に
触れる機会が非常によくあります。

確かに医学は確実に進歩し、
以前は治せなかった病気も
治せるようになりました。
その恩恵に預かるのに、
高度な医療知識を持った医師達に
任せるしかない側面が
あるのは事実です。

しかしながら、
その結果おきざりにされるのは
自分の力で何とかしよう
という気持ちです。
またほとんどの病気は
自分で行動を起こさない限り、
いっときのその場しのぎはできても
他人には治せないものばかりです。
そして医療の場合、任せた結果
を引き受けるのは自分の身体です。

どれだけ高度な医学知識を
持った医師達でも、
他人の性格や価値観、
心の在り方まで、
すべてを把握できる
人間はいません。

医師であろうと所詮は他人。
他人に任せることで生まれる
見えないストレス。
そして完全に信頼しきった
医師達に対して、
思うような状態でなかったとしても
それでも信じるしかないと
さらに任せてしまう悪循環。

その任せるという態度は、
小さなストレスを蓄積し、
知らないうちに
ストレスが大きくなり、
やがて病気をこじらせてしまう

という構造があります。

医師に任せるのではなく、
自分の進みたい道を進む。
その上で進み方について
医師からアドバイスを受けながら、
さらに自分の進むべき道を
模索していく。

そのためには自分のことを
理解してくれる医師との
出会いが不可欠です。
しかしどんな医師がどこにいるのか
知るのは容易ではありません。

オンライン診療医は、
自分の医療に対する考えを
様々な形で情報発信します。
そのため患者はその理念に
事前に触れることができます。

患者はオンラインの
広大な空間の中から、
自分の価値観と合致する
医師を選ぶことができます。

そしてもう一つは、
つかずはなれずの適度な距離感。
医師が近くにいすぎることは、
医師への依存心を高めます。
一方で
いつでも相談できる安心感は、
自分の求める治療を求めて
荒野をさまよう患者の不安を
確実に和らげることができます。

オンライン診療は
その両方のニーズを満たす
ことができる
新しい診療スタイルなのです。

そのことは
患者が自分の力で
病気を何とかしようとする
主体性を育みます。

そして
最終的には一人で病気を卒業し、
病気を意識しない世界で
生きていけるように、
オンライン診療という場で
医師の助けを借りながら、
患者自身の主体性を高めることが、
長い人生の中で
患者のストレスを最小化できる
「自己治癒力」を
最大限に引き出す生き方
へと
つながっていくのです。

オンラインドクター

たがしゅうの情報発信

ブログ(記事)
ツイッター(つぶやき)
ユーチューブ(動画)